お知らせ|石川町・元町中華街で歯科をお探しの方はあらかわ歯科医院まで

身体の負担が少ない欠損歯の補填方法【入れ歯】

失った歯を補う上で、入れ歯はもっとも歴史が古くポピュラーな治療方法です。
人工歯を用いて歯を補填する方法は先日の記事でもご案内しましたように、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の大きく分けて3つの方法があります。

他の残存歯に負荷やダメージを与えない、また固定性という意味ではインプラントでの治療が優れているといえますが、
こと入れ歯に関しては、数本の歯でも全ての歯でも用途に応じて選択することができ、また、インプラント手術のように外科手術を伴わず治療を行うことができるというメリットがあります。
このように入れ歯は身体的リスクのある方にとって適した治療方法であると言えます。

入れ歯には自費診療と保険診療のものがあり、失った歯の本数に応じて、部分入れ歯か総入れ歯を判断し作製します。

自費診療の入れ歯では保健診療では使用することのできない素材が使用できるため、例えば飲食時の熱や味覚を感じやすいといったメリットがあります。
当院の自費診療の入れ歯では金属チタン床(コバルトクロム)製の入れ歯を採用しております。

とはいえ、もちろん自費・保険にかかわらず、しっかり咬める入れ歯を作製していますので入れ歯のことでお悩みの方はどうぞ当院までまずはご相談ください。

その他、石川町・元町中華街の歯医者『あらかわ歯科医院』では上記入れ歯ちりょうをはじめ、インプラント治療やブリッジ治療など、総合的に欠損歯の補填治療に対応しています。

歯やお口のことでお悩みでしたら、まずはどうぞ当院までご相談ください。

#入れ歯 #総入れ歯 #部分入れ歯 #義歯 #総義歯 #部分義歯 #石川町 #元町中華街

石川町・元町中華街の歯医者
『あらかわ歯科医院』
〒231-0868
横浜市中区石川町1-1 カーサ元町1階

【最寄駅】
JR線「石川町」駅より徒歩2分
みなとみらい線「元町・中華街」駅より徒歩8分