予防歯科|石川町・元町中華街で歯科をお探しの方はあらかわ歯科医院まで

  • 電話
  • メニュー

予防歯科

予防することのメリット

では、定期検診によってむし歯や歯周病を予防することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

むし歯や歯周病にならない

まず、単純にむし歯や歯周病を予防することが大きなメリットとなります。
これらの疾患は症状の進行に伴い激しい痛みを伴うことが多く、そうした自覚症状が出る前の段階で治療することができるので、むし歯や歯周病の症状に苦しめられることがありません。

自分の歯が残る

むし歯や歯周病の発症を予防することは、自分自身の歯を残すことにつながります。
むし歯や歯周病で失ってしまった歯は、二度と自然な歯の形では取り戻すことができません。
入れ歯などの治療法はありますが、自分自身の歯ではないことによりデメリットが数多く存在します。
予防歯科の定期検診によってむし歯や歯周病を予防することで、いつまでも自分の歯を多く残すことができるようになります。

治療の時に痛くない

しかしながら、ある程度はむし歯や歯周病が進んでいる状態で検査を受けることもあり、その際には治療を必要とします。
しかし、その際には多くの人が歯医者に持つイメージ「歯医者の治療は痛い」ということを覆すような、痛みを伴わない治療で済むことが多いです。
むし歯や歯周病が相当に進んでしまうと、歯を削ったり歯ぐきを切開するといった、麻酔を必要とするような治療を行うことが多いのですが、定期的に検査を受けていればそこまで進行していない状態での発見となり、その治療は比較的簡単なもので済むことが多いです。

治療費を節約できる

「むし歯でもないのに歯医者に行くなんて、お金がかかるんじゃない?」と思われている方も多いかと思いますが、実は予防歯科は逆に治療費の節約につながるのです。 本格的にむし歯や歯周病の治療を行うためには、短期間に何度も通院する必要があり、それだけ治療費もかさむことになります。
予防歯科の場合は定期的に検診を受けるだけなので、そこまで治療費がかさむことはありません。

予防治療のメニュー

予防歯科では、様々なメニューが提供されています。

定期検診

患者様のお口の状態にもよりますが、2~3ヶ月ごとの定期的な検診をおすすめしています。
治療後であれば経過観察とともにお口の健康状態を検査し、歯石の除去を行います。
普段の歯磨きですべて汚れを落としきることはできません。そのため、残ってしまう汚れは定期検診のときにプロの手で落としてもらい、むし歯や歯周病などに繋がる要因を減らしていくようにしましょう。

イメージ画像

PMTC(歯のメンテナンス・クリーニング)

「PMTC(professional mechanical tooth cleaning)」とは、プロの歯科医師の手によって行われる歯のメンテナンス・クリーニングです。 通常、歯の汚れは歯磨きによって落とされていますが、毎日の歯磨きでは落とせなかった汚れはもはや通常の歯磨きの範囲では落とせなくなってしまっています。
そこで、専用の器具をプロが用いることで、歯磨きでは落としきることができない汚れを完全の取り除き、むし歯や歯周病の予防に役立てます。

イメージ画像

ブラッシング指導

前述のとおり、デンタルケアの最大の功労者は「歯磨き」ですが、正しく歯磨きを行えていなければ汚れが溜まってむし歯や歯周病の原因となります。 そこで予防歯科ではその人に合った正しい歯磨きの方法を指導し、自宅でのケアの品質を向上させることができます。

イメージ画像

フッ素塗布

フッ素塗布は、むし歯予防に大きな効果を発揮してくれます。 むし歯は、むし歯菌が作り出した酸性の物質が歯のエナメル質から溶かしていくことで進行しますが、唾液によって口の中がアルカリ性に戻り、エナメル質が再び歯を補修します、これを「再石灰化」と呼びますが、塗布されたフッ素はこの再石灰化を促し、同時にエナメル質に混ざることで歯の強度を高めます。
また、むし歯菌の働きを抑えることで、歯のエナメル質が溶け出す(脱灰)のを防ぐことができます。

イメージ画像

ご自宅でのホームケア

「定期検診さえ受けていれば、むし歯や歯周病にならない」ということはありません。
お口の健康を保つために最も重要なのは「正しい歯磨き(=ホームケア)を継続すること」であり、定期検診はその結果を確認し、不備を改善するために行われます。
定期検診で指導された正しい歯磨きを継続し、かつ「歯間ブラシ・デンタルフロスを使う」「歯磨きに10分以上時間をかける」といった点にも注意してください。

イメージ画像